子どもが痛がるときは・・・(´・ω・`)

スポンサーリンク

おはようございます。



一昨日、上の子が学校の体育の授業でハードル飛びをして、左脚の親指をハードルに殴打して、痛がって帰ってきました。



先生に痛いということが出来ず、家に帰ってきてからまだ痛い、という訴え。



昨日学校が終わってから、整形を受診しました。



幸い、骨折などはなかったので良かったのですが、どうして時差を置いてから話をするのやら・・・と、非常に困ってしまいますよね。



そこはやっぱり、緊急の度合いで受診のタイミングを計ります。



今回の場合は、痛みを常時訴えるわけではなく、見た目も腫れや赤みなどの変化も無く、内科的にも熱発している等も無かったので、一晩、また学校にも行ってもらい一日様子をみて受診しました。



でも、出来るだけ受診した方がいいことは確かですよね。

実は、更に子どもが小さかった時の話があり・・・。



%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e7%94%bb%e5%83%8f


下の子がまだ保育園だった頃、運動会の練習をしてました。



練習中にちょっとしたところでこけてしまったのですが、その時左脚の親指を痛めました。

でも、痛みが引かなかったので、そのまま保育園の先生が付き添ってくれて、受診。



その間、パパも駆けつけてくれて受診し、レントゲンを撮ったところ、親指の付け根を骨折してました(;´・ω・)



見た目たいしたことなかったので、何もないかな?という感じでしたが、受診してもらってよかったです。



なので、子どもの体、何があるか分からないので、痛みがある時は必ず受診して医者様から安心の印籠をもらっておくのがいいな、とその時に思いました(^^)



子育ては毎日、色んなことがあります。



でも、その一つ一つが、大切な思い出であり宝物です☆



これからもきっと色々あると思いますが、楽しんでいきたいですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡



お読み下さってありがとうございました。

以上ふくフクでした!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加