介護の仕事、ケアマネージャーの仕事、福祉の仕事。

スポンサーリンク

私の仕事は介護関係の仕事!
突然ですが、私の仕事は介護関係の仕事です。

職種で言うと「ケアマネージャー」日本語では「介護支援専門員」です。

だったら「ケアマネージャーの仕事」とすればいいのですが、私の中ではケアマネの仕事だけを、独立して語るのはおかしいな、と思っているので「介護の仕事」、というカテゴリーにしてしまってます。



このカテゴリー「介護の仕事」では、私が日々仕事をする中で感じる「人が生きること」についてや、それに伴う、ブログのタイトルである「幸せ」についてなどをメインにして、綴っていきたいと思います。



実は、私がケアマネージャーになった理由、というか流れは、もともと高齢者介護の仕事の現場にいたから、ではないのでした・・・。


もともとは障がい者の施設職員でした。
今ではケアマネージャーの資格は、直接的な身体介護の仕事を5年お勤めされた方が、ケアマネージャーの受験資格を得ることができる仕組みになっていますが、私が受験した当時は「相談業務」に5年就けば、受験資格が得られるルールになっていました。

介護系の施設に務めた人の他に、障がい者系の施設や児童系の施設でお勤めして、相談業務にあたることで受験資格が得られていたわけです。



私は障がい者の方々が通われる施設で、日々の生活に関する相談業務や作業指導を、仕事として行っていました。



その施設には約10年ほど、籍を置いていましたが(その間、2人の子どもを授かって、産休育休は取っていましたが・・・。)、その間に二つほどの資格を取得してました。

その施設にお勤めする前には、福祉系の専門学校に通っていました。

専門学校卒業と同時にその施設に勤めて、お勤めした勤務日数で受けられる資格を、受験することを目標にしていたのです。



だから、その当時は毎日毎日、勉強と仕事の日々。



そうして、晴れて受験資格を得て、目標としていた資格試験を受験し、何とか合格できました!嬉しかったです(●^o^●)


資格試験を合格した後の私は、やや燃え尽き症候群。
自分が目標としていたことが達成されて感じたことは「あれ?燃え尽き症候群?」でした。

専門学校に在籍していた頃からの目標だったので、達成した喜びは大きかったのですが、目標が無くなってしまってしまったのです。



プラス、合格するまで頑張ってきたこの勉強癖が、このまま無くなってしまうのは何とももったいない・・・。

なので、勉強癖を無くさないためにも、もう一度何か目標を持って勉強を続けるべきだなぁ、と考えました。



障がい者の施設にお勤めしていたので、利用者の方々に対する理解を深めるために、専門の資格を受験することにしたのです。最初の資格と同様に、受験して合格することが出来ました。


ケアマネの資格!キターーーーーーー❣❣❣
そうして、二つの資格を得て、自信をつけるとともに、月日が経ちケアマネの受験資格も得られることとなったのです。

高齢者の方々が右肩上がりでの人口増な日本社会で、障がいのある方々も当然年齢を重ねていきますよね。



もともと、日常生活を送ることも難しい障がいがある方もいるので、ヘルパーのサービスを利用して生活している方々は沢山おられます。

それに、ご高齢になるというのは、若い頃と違ってもっとご不自由になることが増えていくということ。

皆に平等に訪れる「老い」について、ご利用者の方々と一緒に考えていけたらいいな、という思いもあり、ケアマネージャーの資格の受験を目指すことになりました。



と、いうところで、あまりにも長くなってしまう予感がするので、続きは明日にしたいと思います。

また明日をお楽しみに(^_-)-☆

ふくフクでした~!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加