リビングを風水で綺麗に快適にして、運気アップ!!

スポンサーリンク

リビングを風水で大改造して運気アップを目指します!!





リビングは家族全員がそろって、一日あった出来事を話ししたりしながら、リラックスして過ごす場所ですね。



我が家のリビングもそうあってほしい、ということで風水的にどんな点に気を付けてリビングを改造したら、家族全員が穏やかにハッピーに過ごせるのか、運気アップも期待して気を付けたい色使いや家具について、まとめてみました💛



明日からできるリビングの風水改造です!!

どうぞご参考にしていただけたら、と思います(^_-)-☆
まずは掃除、整理整頓を心がけましょう!





一番最初にすることは、当然のことながら風水の基本である掃除です。



ある程掃除して誇りや汚れがとれたら、次にすることは整理整頓です。



整理整頓といっても難しく考えず、リビングに置くべきものを置くと考えてください。

例えば、家族で観るためのテレビやDVD,家族みんなが集まる場所なので、家族で使うものを置くようにしましょう。

我が家では学校のお知らせも、リビングに置くようにして、夫や子どもたちと共有できるようにしています。



また、家族の思い出になるものも、リビングにあった方が良いものです。
お出かけしたときの家族写真や、旅行先で買ったお土産など、思い出すとみんなが幸せになれるものはリビングに置いておきましょう。



最近はリビングで勉強することで、集中力がついて学力アップにつながると言われていますね。



子どもたちがリビングで勉強するのは私も賛成ですが、勉強が終わったら道具はそれぞれの子どもたちのランドセルや机に片付けるようにすることが大事です。



というのも、リビングはやはり、家族みんなが集まってくつろぐところ、という役割があるので基本を守りましょう。
家具や家電のレイアウトにも気をつけましょう!





次に、それぞれの家具のレイアウトに目を配ります。

一般的にリビングに置いてある家具は、ソファやテレビ、飾り棚やこまごましたものを入れておくチェストなどですね.

以下の3っつの家具が、どこのご家庭でもリビングにあるかと思います。
  1. テレビ
  2. ソファ
  3. チェスト


では大まかに、それぞれの家具の配置について触れてみたいと思います。

1.テレビ

リビングでは音の出る電化製品は、部屋の中心からみて東に位置すると良いと、風水では言われています。なので、テレビのベストポジションは東になるのですが・・・。



でも、お部屋の間取りやリビングダイニングでキッチンも一緒の作りだったりすると、「東側にテレビ!」と単純にいかない場合が多々ありますね。



我が家も同様で、東側にはテレビが置けない間取りになっています。

どうしても南西に位置する場所にテレビを置くしかない間取りになっていて、動かず・・・。



そこで、考えたのが東側に他の音の出る電化製品を置くことでした



ラジカセだったり、パソコンだったり、スマホだったり。

そこに充電器を置いて、充電しながらスマホを観たり、ラジカセを置いてテレビをつけていない時にラジオを聴いたりしています。



そうすることで、テレビが南西にある状態をカバーしています。

また、テレビは強い陽気を持っているので、観葉植物を横に配置すると陽気とのバランスが取れます。



私もそうなのですが、植物を育てることがあまり得意でない方は、部屋全体のファブリックに植物の柄を取り入れるのもおススメです。






2.ソファ



ソファを置く場所としておススメではない位置があります。

リビングの出入り口、入って真っ直ぐの真正面に、出入口と向かい合うような位置にソファを置くのはやめましょう。



出入口から入ってくる気を真正面から受けることになってしまい、リラックスしてくつろぎたいリビングに置く位置としては、向いていません。



ちなみに、風水では気の流れをとても大事にしていて、リビングでも出入口から入った気がリビング全体に行き渡るように、出入口の前には物を置かないようにしましょう



革のソファも強い気が出るので、あまりお勧めではありません

布製のカバーで全体を覆うなどして、強い気を静める工夫をしましょう。

クッションも一緒の置きたいですね。



クッションは丸い形のものが良いです。

色もクッションとソファは統一した色合いにしましょう






3.チェスト

我が家では、このリビングのこまごましたものを入れておくチェストを買うのに、どういうものがベストか、悩んで悩んで買えずにいます。



背はあまり高くないものが良いです。

高すぎるチェストは圧迫感があり、良くありません。



また、その他の家具との高さのバランスを考えて、できるだけ同じくらいの高さにして、全体的にゆったりした配置にします。



家族がリビングで過ごすときに、リラックスした気持ちになれるよう、リビング全体の家具の配置もゆったりとしたスペースをとって、ものがあふれてしまうことが無いように注意しましょう。



リビングは日常的なもので溢れて、雑多になりがちです。

お部屋のあちらこちらに、郵便物やチラシ、学校のお知らせなどが置かれたりしますが、できるだけ引き出しのあるチェストを置いて、それぞれのものを入れる引き出しを決めて、定期的に整理するようにしましょう。




その他のリビングのポイントです!





大まかに、テレビ、ソファ、チェスト、と説明しましたが、その他試してみてほしいおススメの点をまとめてみます。







まず、リビングのテーブルです。

形は丸ではなく、楕円や長方形を選んでください。
丸いテーブルは回転が良くて、気が安定しないのでリラックスしたいリビングには向いていません。

テーブルの色は黒を避けましょう

黒い色は水の気を持つので、多用してしまうと陰気な水の気が多くなり、暗いイメージが強くなってしまいます。

どうしても黒のテーブルしかなくて、家族が新しいテーブルを買うのを反対する、などということがあって黒しか置けない(我が家がそうです。夫がどうしても黒のテーブルを置きたがりました)お家は、テーブルクロスやラグ、ランチョンマットでフォローしましょう。



黒と相性のいい色が緑です。

ライトグリーンが取り入れられた、布製のテーブルクロスを上から覆ってあげるか、センターだけ敷いても良いです。

黒色がワンポイントになるように、強くなりすぎないように、バランスよく配置しましょう。



テーブルの下にはラグを敷きましょう
足元を暖めるようにするのも、風水では大事なので、必ずラグは敷いた方が良いです。



次に、カーテンです。

部屋全体が統一される大きなポイントが、カーテンの色です。

ソファのカバーの色、クッションの色、テーブルクロスの色、ラグの色、そのすべてとケンカしない色を選ばなくてはいけないので、実はカーテンが一番悩ましいところです。



また、あまり主張しすぎない柄や色がベストです。



家全体の方位によっては、良くない色もあったりします。



おススメはオフホワイトなど大人しくて、他の色と組み合わせても主張しすぎない色です。

柄もないシンプルなものがベターですが、それではあまりにも淋しすぎるのでまた悩ましいところなのですが、カーテンの色については次の投稿で細かくお伝えします。


リビングを過ごしやすくすることで、毎日の生活が満たされます





家族みんなが集まって、リビングでゆったりと過ごすということは、子どもたちにとっても私たちにとっても、きっとかけがえのない空間と時間になります。



明日から毎日少しずつリビングのレイアウトを変えていって、家族全員が家に帰ってきたらリビングでのんびり過ごして、また明日元気に頑張って過ごそう!!と思えるような、そんなお部屋になってくれたらいいな、と思います。



皆様のご参考になれば、幸いです。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加