冬支度と言えば、何をしますか?

スポンサーリンク

冬支度を終えたのは先月末でした
寒い日が続いたり、暖かい日に急になったり、最近の気候の不安定さにオロオロしてしまう私ですが、先月の末にようやく冬支度を終了しました。

人によっては色々だと思う冬支度ですが、私の場合はまず、洋服の準備から入ります(^ω^)

さすがに、気温が一桁になるような日があると、いつまでも半袖に上から何か羽織るという対応は季節はずれすぎてできないので、少しずつ冬物を着始めるのですが、最初のうちは同じような服を何着かローテしてしまいます。

そうこうしているうちに、毎日長袖や暖かいタートルなんかを着ていて、下に穿くズボンも裏起毛だったり・・・、となっていきます。

おや?冬支度の話なのに、ほぼ何も支度してないじゃん!洋服を半袖から長袖にしただけじゃん!!と思った方❣❣❣❣❣正解ですね~!!!(●^o^●)

実は、ここに私の冬支度(及び衣替え)の工夫があります。

いや、大した工夫ではないのですが、ご紹介しますね!


冬支度その①冬服の準備
私の冬支度はまず、洋服の準備から始めます、と先ほど書きましたが、正確にお話すると冬服を確認する、という表現の方が正しいかもしれないです。

確認する、というのは、引き出しを覗いてみて、今年も着れる冬服の確認をする、という感じです。



そうなんです。

私は、というか我が家では夏服も冬服も、春秋の服も全部、普段使いの引き出しの中に入っているのでした。

常に、オールシーズン四季の服が、引き出しに入れっぱなしなんですね。各シーズンの洋服の引き出しを固定しているわけです。その季節になったら、その引き出しから洋服を出して着るだけです。

だから、入れ替える必要はないのでした。

その代わりに、一年間引き出しに入れっぱなしの服のコンディションが良いかどうか、確認する必要はあります。

「ん?!多少かび臭い?」と思ったら一洗いしてから着用します(^_^;)一回洗っちゃえば、きれいになりますよ☆

でも、日ごろから使わない引き出しを開け閉めする癖をつけていれば、カビっぽくなることはほぼ無いです。



こうして夫も子どもも、同じように洋服を収納しています。

家族全員の洋服の入れ替えをしないで、一年間過ごすことができるので、かなり時間の短縮になってます。

子どもの服はすぐ小さくなるので、シーズンごとに引き出しを全部、サイズ変えしているような気もしますが、それはもう少し大きくなってくれたら、やらないでもよくなるかな・・・?


引き出し固定のメリットもあります💗
引き出しを各シーズンの服で固定することで、思わぬメリットも発生しました。



この方法は今の家に引っ越ししてから行うようになったのですが、収納ケースがやたら多くなってしまったので、これ以上収納を増やさないよう「この引き出しに入るだけの服しか持たない」という気持ちになりました(^^)



着道楽な京都出身の夫も、この方法で洋服を買うのを控えるようになり、収納に入りきらない服は思い切って処分する気持ちにもなってきていると思います。

女子の割には、もともと服にこだわりが無い私は、何年同じ服を着ても構わないところがあって、そんな性格もこの収納では活かされています。



もう少し、女性らしかったら、こんな方法では収納できないですね・・・。

出来そうな方、ご参考になさってくださいませ(●^o^●)
服以外で準備したいもの
服以外では何をするか。

また長くなってしまっているので、冬支度その②としてまた明日記事をUPしたいと思います。



ちなみに、服関係の話が続くのですが、3年ほど前に義理のお姉さんから手編みの(おそらく)ウール100%の靴下を頂きました。

こればまた、すんごく暖かくって、一度はいたら病みつきになってしまいました。



その靴下をもらう以前は、100円ショップのフワフワ靴下だったり、フリースの靴下を履いたり、モコモコの踵まで履くことができる室内履きのようなものを履いたり・・・、と足の寒さ対策をしていたのですが、お姉さんが編んでくれた靴下は、他の追随を許しませんでした🌟

ダントツで暖かくって、履きやすかったです(≧◇≦)

今度編み方を教わって、記事にしたいと思います!



ではでは、また明日冬支度その②を記事を投稿しますので、ご期待くださいませ!

ここまでお読み下さって、ありがとうございました。ふくフクでした。

また、明日。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加