ドーパミンを増やして生活を活性化!

スポンサーリンク

ドーパミンは脳内ホルモン
寒い季節になってきましたね~。
昨日、東京では11月としては54年ぶりの初雪で、積雪なんて観測史上11月初だったみたいです。

そんな中、在宅のケアマネージャーの仕事をしている私は、雪が降る中、自転車を飛ばして、5件の訪問をこなしましたとさ。

と、昔話風に語りたくなるくらい、ガチガチ震えながらガチンコで仕事をしてました(笑)



でも、きっと私の脳内ホルモン、ドーパミンはガンガンに出まくっていたと思います。

ドーパミンとは、セロトニンやアドレナリンといった脳の中で分泌される、ホルモンの一種です。

パーキンソン病はドーパミンが減少することも原因の一つと言われていて、人間にとってはとても大切なホルモンです。



やる気や集中力も高めてくれる、非常にありがたいホルモンで、ドーパミンの量を自在に調整できれば、きっと生活するうえで色々なことに役に立つと思います。

脳内ホルモンを自在に操るなんて、正直無理な話ではありますが、自分の脳の仕組みを知って行動することを心がけるだけで、意外と自分自身を客観視できたりするメリットがあるので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。
ドーパミンの役割
まず、ドーパミンがどんな役割をホルモンとして行っているか、考えてみましょう!

ドーパミンが分泌されると、人間は「快感」を得ることができます。

何かを得たい、食べたい、報酬が欲しいと思って、その思った物を得られたときに、人は「やったぁ!」「嬉しい!」「満足!」「気持ちいい!」といった快感が得られますが、その「快感」をコントロールしているのが、ドーパミンと言われています。



自分が望んで行動して得られた結果が良ければ、人はまた同じように「快感」を得たいと思うし、次はもっともっと、今よりも大きな「快感」を得ようと頑張ります。

つまり、ドーパミンは次はもっと強い「快感」が得られるように、頑張ろうとする気持ち「意欲」を生み出してくれる、と言う訳です。



人間って、「次はもっと良く」「この次はもっと高性能に」なんて思いながら、向上の歴史を歩んできてますよね。これって、やっぱりドーパミンの仕業だな、と思ってしまう私です。
ドーパミンの危険な一面
では、ドンドンドーパミンが出ちゃう状態が一番いいかな?なんて思ってしまいますが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しで、次ももっと良い結果を・・・、と求めすぎてしまった時に、思ったような結果が得られなかったら、ガーンと落ち込んでしまいますよね。そんなときには、ドーパミン神経が過度に反応してしまいます。

成功した体験と快感を知っている分、失敗を補うために「もっと」「もっと」と求めてしまうようになります。

分かりやすく言うと「依存症」の元になるということです。



ギャンブルに例えてみましょう。

たまたま、初めてやったパチンコで数万円稼ぐことが出来ました。

ちょっとのお金で大金が稼げたのだから、次もきっとうまくいくはず・・・。

そう思ってチャレンジしてみると、意外と稼げたりしました。

その結果、次もまたチャレンジしたくなりますよね。



でも数日後、またパチンコ屋に行ってみるけど、上手く稼げない・・・。

いや、今度こそもっと稼げるはず!!

そして再チャレンジ。



またまた、いくらか稼げちゃった~!!

上手くいった🌟

じゃあ、次も・・・・。



あれっ?!今度は大分負けちゃった。



次こそは、負けないようにできる!

だって、最初と最近で、あれだけ稼げたんだから・・・。

エンドレス、エンドレス。



この状態ってばもう、ドーパミンに操られちゃってますよね。

しっかり、立派な依存症です。

「快楽」ー「意欲」ー「失敗」ー「次」ー「成功」-「快楽」ー「意欲」ー「失敗」ー「次」・・・。



こうならないように、ドーパミンを意識して行動できるようにしていく、ということが大事かなと思います。



では、どう意識していけばいいのか。

この続きはまた明日にしましょう。

ドーパミンが出ている自分と、その時にどこに自分を向けていけばいいのか。

明日また書きたいと思います(●^o^●)



ここまでお読み下さって、ありがとうございました。いつも続きがある記事で申し訳ないです<m(__)m>

ふくフクでした!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加