ドーパミンを増やして、生活を活性化!その②

スポンサーリンク

ドーパミンを思いのままに・・・💖
昨日の投稿では、ドーパミンのプラスの側面、マイナスの側面それぞれ見てみました。

プラスの側面は、上手くいった体験から次の「快感」が得られるように、頑張ろうとする気持ち「意欲」を生み出してくれるというところ。

マイナスな側面は、ドーパミンに操られちゃってる、依存症的な状態。

なので、ドーパミンを意識して行動できるようにしていく、ということが大事かと思います、というところで、終わってました。



では、どうやってドーパミンを意識すればいいか。

それには、どんな時にドーパミンはどんどん増えていってしまうのか、考えるのが良いと思います。



難しく思わないでくださいね🌟意外と簡単に考えられます(^ω^)
本題!ドーパミンはどうやって増やす?
あまり色々書いても複雑になっていくので、簡単に分かりやすくいきますね。

まずは「行動する」ことです。

よくある話なのですが、自分が今何をしたいか考えて、そこへ向けて小さな目標を作って、スモールステップの階段を一段一段上がっていくように、目標を達成していくという「行為」、その「行為」そのものがドーパミンに良いのです~。

ちょっと成功してみたら、ドーパミン活性化!

大事なのは「ちょっとの成功」です。

あまり高い目標では、クリアできないであきらめてしまうので、すぐ達成できそうな目標に向かって、「行動」すること、です。



この「行動」が、すごく大事です!



宝くじと同じで、買わなきゃ当たらない。行動しなきゃドーパミンは働かない。

達成できそうな目標に向かって「行動する」それが大事です。



よく、何もする気が起きなくて何日もボーっとして過ごしてしまう休日、というのがありますが、そんな時はドーパミンもお休みしてます。

何もしない自分に気がついたら、ドーパミンも何もしてないな、と思ってとりあえず何かしましょう。

それがドーパミンと向き合う一つの方法。



行動しやすい何かを行えば、次の行動に気が付いて動き始める自分が分かりますよ(●^o^●)



次に「食べる」ことです。

ドーパミンの成分はタンパク質♡不足するとドーパミンも力不足になることは当然です。



お肉、お魚、卵、豆腐。食べましょう!



最後に「好き💖」を大事にしましょう。

「好きなこと」をして、「好きな人」を大切に想い、「好きなもの」に触れ・・・。



思い出すだけでもニッコリしてしまうくらいの、「好き」なこと、人、物を大切にして、自分の時間を過ごしましょう!



この3っつの行為を行うようにしていけば、ドーパミンは活性化!

どんどん、ドーパミンが出て、何でもやっちゃうよ!!ガンガン食べるよ!!好きで好きでしょうがないよ~!!!!となると思います。


ドーパミンと上手にお付き合いするには?
最後に、大事な事を一つ。この3っつの行為を行っている自分に、注意していくことです。



あれもこれもやりすぎて、寝てないとか。(寝なくても平気~!な自分)

食べて食べて、食べすぎて自己嫌悪とか。(また食べすぎた・・・。デブな自分)

好き過ぎて、それしかしないとか。好き過ぎて、ストーカーとか。(好きな事しかできなくて、仕事も続かない自分。好きな人のことが気になって、日に何件もメールしちゃった!自分)



これじゃあ、いくらドーパミン出てもねぇ、となりますので、この3っつの行為がいき過ぎてないか、その時の自分を意識しましょう。



何となくお分かりいただけましたでしょうか?

総じて言えば、ドーパミンは「欲求」のホルモンで、このホルモンの働きを意識することができれば、実は理性的な自分を手に入れることができる、ということになるんですね~!

自分で自分を自在にコントロールできるって、実はすごく面白くって、生活するのも楽になりますよ。



そんなことが出来ている時の自分って、実はセロトニン出まくりなんじゃないかな?と思いますが測り方が分かりません(笑)



えっ?!

セロトニンって何かって?!

そうですよね。

新しい名前が出てきて、混乱しちゃいますよね。



では、次はセロトニンについて語ってみたいと思います。



今日も長文をお読み下さって、ありがとうございました。

少しでもお役に立つ情報を提供できていましたら、光栄です(^^♪



以上ふくフクでした!

また明日。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加