マザー・テレサも大好きです②

スポンサーリンク

名言がすばらしいマザー・テレサ
マザー・テレサの投稿の、その②です



一昨日は「マザー・テレサの活動は、徐々に世界に広がっていきました」というところで、その①は終わりました。

また「続きはまた明日」という結びでもあったのですが、「明日」は昨日でした。なのに、昨日は忙しくって投稿できず、申し訳なかったですm(_ _)m



その後のマザー・テレサの活動は、世界レベルになっているのでお分かりの方も多いと思ますので、その功績をお伝えする前に、マザー・テレサの私の好きな名言をご紹介したいと思います。



マザー・テレサのすごいところは、その名言の一言一言が、多くの人々の心に残るものとなっているところだと思います。



では、ご紹介します(^ω^)
名言の数々


「あなたは、この世に望まれて生まれてきた、大切な人」

誰もがお母さんやお父さん、お祖母ちゃんはお祖父ちゃんから言われた言葉ですね。でも、生まれたときに様々な事情があって、お母さん、お父さんたちから言われず育てられてしまう人も沢山いると思います。そのような境遇の方にも、マザー・テレサは生きる為に必要な、大切な言葉を下さいました。



「愛の反対は憎しみではなく無関心です」

この言葉を聞くと、私は「無関心」が世の中の悪い出来事の、すべての根源のように思われます。「無関心」でいることで人は何もわかり合うことができないですよね。



「平和は微笑みから始まります。

一日5回あなたが本当は笑顔を見せたくない人に微笑みかけなさい。

それを平和のためにするのです。」

出来るのであれば毎日の日課として行いたいな、と思う行為です。具体的に何をすればいいか示されている点でも、心に残ります。

でも、中々難しいですよね。



「富める人のほうが貧しいと思うときがあります。富める人のほうが内心孤独であることが多いのです。」

まさに、そう思う時が多々あります。



そして、最近知った名言がこちらです。



「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

まさに、ですね。
名言の他に逸話もあります
世界中にマザー・テレサの思いは広がっていき、その活動は当時のローマ教皇の耳にも届きました。インドでの献身的な活動を称えられて、教皇は高級車ロールスロイスをマザー・テレサにプレゼントされたのです。



「マザー・テレサはこの車を売って、そのお金を貧しい人達のために寄付するのだろう」と、当時周囲にいる誰もがおもったそうです。しかし、彼女はそうはしませんでした。



このロールスロイスを使って何をしたのかというと、なんと高級車を一等賞の賞金にした宝くじを販売しました。1枚3000円でした。



宝くじは飛ぶように売れて、その売り上げ金は1500万円となりました。すごいですね~!!ロールスロイスの値段が300万円だったそうで、なんと5倍になったのです。





マザー・テレサは、その1500万円の売上金で、ハンセン病患者のための病院を建てたそうです。



私はこの話を聞いた時、ものすごくショックでした。



世の中のお金儲けをしている人達って、たいてい自分のためにしますよね。でも、マザー・テレサはそうじゃなかった、というところですごい人だなぁ、と思ったのです。



このことは、とても人間の本質に迫る出来事だなぁ、と思いました。

人って、実は自分のためだけでは、あまり頑張れないんですよね。誰かのため、例えば、家族のため、友達のためという風に、自分以外の誰かのために何かする、その時に思った以上の力を発揮するのですよね。



マザー・テレサは自分以外の、貧しい方々のために知恵を働かせて、より多くの人の役に立つように活動資金を増やす方法を考えたのですよね。その結果が素晴らしい成果をもたらして、病院を作るまでになったのでした。

このパワーと瞬間的な発想力、判断力は、常に貧しい人達のことを考え続けなければ、生まれなかった発想だと思います。本当にすごいです❣❣



と、言うところで今日も書きすぎてしまったので、続きはまた明日以降ということにしたいと思います。



逸話も名言も、心に残りますよね。

次回の投稿も、名言あり、逸話ありのマザー・テレサの内容にしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



また次回の投稿をお待ちくださいませ~❣❣❣(「また明日」という表現を控えることにしました。毎日記事を投稿できない時もあるので・・・💦

申し訳ございませんでした<m(__)m>

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加