巳年(みどし)の特徴や性格、過去の出来事などをご紹介。巳年生まれの知り合いは、みんないい人だった!

スポンサーリンク

2025年は巳年ですね





巳年(みどし)、小さい頃は「みどし」ってなんの生き物なんだろうな、と子ども心に理解できずにいて、でも大人に確認するまでもなく「ね~、うし、とら、う~、たつ、み~」と十二支をとなえていたものです。

 

巳年とは、言わずと知れた蛇年。

 

良いイメージと良くないイメージを、程よく持ち合わせている生き物ですね。

 

例えば、白い蛇が夢に出てきたら大金や大幸運が舞い込んでくるとか、逆に妖怪となった蛇は大蛇と言われて、日本の昔話では村人を襲ったりして、恐れられていました。

 

そんな蛇の巳年を、以下の四つの視点からご紹介します!!

 

  • 巳年の株式市場の格言
  • 世の中の出来事のお話
  • 巳年人の特徴のお話
  • 巳年の人の性格のお話

 

「辰巳(たつみ)天井」「戌亥の借金、辰巳で返せ」
 
 
 
 
「辰巳(たつみ)天井」に続く言葉として「午(うま)尻下がり」となりますが、読んで字のごとく、辰年巳年は株価が高値になると言われています。
 
 
また、「戌亥の借金、辰巳で返せ」なんて、威勢のいい表現もあります。
 
 
本当にそうなんでしょうか?
 
 
記憶に新しいのは、お父さん犬でおなじみのソフトバンクや、ネット通販の先駆的企業の楽天が日本経済の牽引役になりつつあった年が、調度2000年、2001年の辰巳の年。
新しい時代の萌芽期だったなぁ、と振り返ると思います。
 
 
また、その前の巳年1989年は日本はバブルの絶頂期で、こんな時代がずっと、ずぅぅぅっと続くんだ、という幻想を日本中が抱いていた時代ですね。
 
 
1977年は高度経済成長期の真っただ中。誰もが日本はどんどん豊かになっていっていることが実感された年でしたね。
 
 
直近での巳年は2013年。
この年は個人的には、仮装通貨が世間で騒がれ始めた年かなぁと思います。
 
巳年で総じて思うことは、「お金」に対する考え方が変化していった節目に当たるとしになっている、ということでしょうか。
 
 
世の中の出来事は?
 
 
 
巳年の出来事として忘れられないのが、日本中を熱狂させた、1977年のピンクレディーの大旋風です。
 
メジャーデビューは前年の1976年でしがた、すぐに子どもたちの間で振り付けが流行って、翌年の巳年はまさに日本列島がピンクレディー一色になりました。
 
そして、今でも歌われているピンクレディーの曲は、ほぼこの1977年にリリースされています。「S.O.S」「カルメン’77」「渚のシンドバッド」「ウォンテッド」そしてかの有名な「UFO」です。
 
そして何よりも驚きなのが、これらピンクレディーを代表する数々の曲が、1977年の1年間の間で次々リリースされたことです。
 
今の時代で、このようにスピーディに楽曲がリリースされたら話題になると思います。それを1970年代当時に行ったということは、本当に衝撃的だったと思います。
しかもすべて大ヒット。もう伝説です。
 
 
 
1989年の巳年は、良いことも悪いこともまぜこぜに色々あった時代。
 
 
昭和天皇が崩御されたほかに、国民的スターの美空ひばりさんや手塚治虫さんもお亡くなりになっています。
 
秋篠宮様、現皇嗣殿下がご成婚された年もこの年です。
 
 
2001年の巳年は、なんといってもディズニーシー開園と、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の開園ですね!!
西のUSJ、東のディズニー、みたいな!!
 
 
どちらも日本を代表するアミューズメントパークですね。
 
USJは一時期人気が下り坂になったりしましたが、スパイダーマンやハリー・ポッターのアトラクションで盛り返しました。
 
その頃から外国人観光客の方々が増えていったように思うのは、私だけ・・・?
 
ある意味日本の転機だった、二つのパークのオープンです。
 
 
巳年の人の特徴
 
 
 
 
巳年の方の特徴としては、私はある方の言葉を思い出します。
 
 
「巳年の人は金持ちだよ!稼ぐんだよ!金が巳年の人に寄ってくるんだよ!」
 
 
こう豪語するのは人生の大先輩、94歳のご高齢の男性。
 
その方の周りにいる巳年の方々は、みんなお金を持っているそうです。
 
私の知り合いの巳年の方々も、みんなお金に困っている風ではないので、94歳の方の話はあながち間違っていないなぁと実感するところです。
 
 
巳年の人の性格
 
 
 
 
先ほどもコメントを引用した、とある94歳のご高齢の男性。
 
彼曰く
 
「巳年の人は執念深いんだよ!!」
 
とにかくこの一言です。
 
 
では実際のところどうかというと・・・。
 
私の知り合いの中でも、巳年の人はやはり執念深い、というかいつまでもいつまでも、過去に経験した嫌なことを覚えていて「あの時こんなことがあって・・・」と、その時経験した嫌な思い出を語ってくれるのでした。
 
 
またその語り方もまるで、「昨日あった出来事」かのように、かなりヒートアップして語ってくれるので、執念深いはあながち間違ってないなぁ、という感じです。
 
またとあるご高齢のご婦人は「私の妹は寅年生まれなの。寅年の妹は強いわよ~!」と、何度も語ってくれて・・・。
 
とにかく、何度も何度も、です。
 
そうなんです、こんなにしつこく同じ話を何度もされていたその方は、やっぱり巳年生まれでした。
 
 
でも、巳年生まれは執念深くてしつこい、という性格を活かしてとても真面目なところがあります。
 
 
一つのことに集中して取り組むのが得意なので、何か事をやり遂げるのもとても上手です。
 
いい加減な私からすると、本当にうらやましい限りです・・・。
 
 
巳年生まれの方はあこがれます
 
 
 
 
しつこい、執念深いなど色々書かせていただきましたが、私にしてみたら巳年の皆様は真面目で曲がったことが嫌い、正直で真っ直ぐな方が多いな、と思います。
 
 
一つのことに集中して取り組む姿は、むしろ見習うべきだなぁと感じてしまいます。
 
 
そんな巳年の皆様は、実はとても話しやすい方が多いですよ!!
 
ぜひ、周りの巳年の方々とコミュニケーションを執ってみてください。きっと視野が広がりますよ☆
 
 
 

おススメです→スワロフスキー ラブロッツ 十二支 ヘビ 蛇 5004618 Swarovski Lovlots Zodiac Hebi the Snake 巳年生まれのラッキーアイテム 【あす楽】□

 

こちらもおススメ→「ガラスの干支」干支のへびの置物 2013年干支 巳年 巳の置物の販売・通販 ガラスオブジェ・風水・水晶

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加