偏頭痛 対処法①

スポンサーリンク

今日もやや痛の偏頭痛
偏頭痛シリーズでお伝えしてきましたが、予防法が長くなってしまいました。語りたいことがたくさんあって、申し訳ありません💦

具体的な対処法を今日からご紹介します。



でも、あくまでも私の探った、自己流の対処法なので、参考程度に収めておいて頂ければ幸いです( ˘ω˘ )



今日も低気圧が日本列島を覆っていて、私は朝起きたときから頭の左側がやや痛な感じでした。



予防法でもお伝えしましたが、偏頭痛の予防として、適正な睡眠時間と規則正しい生活は毎日しているし、自律神経を整えるための呼吸法や瞑想も毎日しています。



それでもやっぱり、自然界の力にはかなわない・・・(;^_^A



今日のように低気圧が発生してしまうと、てきめんに頭痛が起きてしまいます。



ではどのように対処しているかというと・・・。



早速、ご紹介しますね!!




王道はお薬です
偏頭痛かも・・・、と思ったら、まず安易に薬を飲んでしまいます(笑)



「なんだ、普通のことじゃん」と思われるかもしれないのですが、そのお薬の値段が普通じゃないんです(・・;)



薬の名前は



「ゾーミック」



なんともおどろおどろしい響きの名前なのですが、こちらは市販薬ではありません。



お医者様を受診して初めて手にすることができる、処方薬です。



そして、その驚きのお値段は・・・



一錠350円!!!(゚д゚)!!!



はぁ?!ですよね~。

でも、初めて処方してもらった時のお値段は、もっと高かったのでした。



一錠400円くらい(;゚Д゚)



10錠処方されるので、一回の受診で4000円近く支払うことになります。

いくら良く効くお薬でも、一錠400円近くというお値段には、愕然としました。



でも、これがまた効くんです❣❣❣



だから、躊躇せず飲むようにしてます。



それに「もしかしたら、徐々に治まってくれるかも」という微かな期待を持って、飲まずに我慢していると治まるどころか、必ず悪化して薬の効きも悪くなるのでした・・・💦



だから、ここでも躊躇せず飲む、ということが大事になってきます。

それに、当初に比べて50円安くなってるから、いいじゃん🌟みたいな感覚も持ちながら、自分を納得させてます(^^;)




ゾーミックはどのくらい持続する?服用回数は?
私の絶大なる信頼を得ているゾーミックですが、どのくらい効き目が持続するのでしょうか?



だいたい通常のお薬と同じ6時間ぐらいです。



だから、午前中に仕事に行く前に偏頭痛の症状が出て、ゾーミックを一錠飲んで仕事をし、そろそろお昼だね~となったらお昼ご飯を食べて、午後2時くらいになる頃からゾーミックの効き目が切れてきます。そして、また徐々に頭痛に襲われ始めます。



だいたいそういう時は、爆弾低気圧がきてたり、台風が迫ってたりするので、偏頭痛は持続。



だから、ここでも躊躇せずもう一回、ゾーミックを投入です💦



そこで、午後の仕事も頑張って、帰ってご飯を家族に出し終わったら、またズキズキが始まり・・・。



でも、家に帰ってしまえば、家事は後回しにできるからまず寝てしまいます。

そうすると一晩経ったところで、低気圧や台風は過ぎ去っていることが多いので、次の日には痛みも去ってすっきりしているのでした。



不思議ですよね~。人体の不思議。



台風とともに、低気圧とともに頭痛も去る、というところが、自然児な私です(;^_^A



だから、自転車並みの速度の台風とか、留まっている前線とか、偏頭痛を誘発する気象に全く変化が無くて居座り続けられてしまうと、ずっとゾーミックを飲み続けなくてはならないので、正直お金がかかってしょうがない・・・。



低気圧が過ぎ去るのを、静かに痛い頭を抱えて待っていられればいいのですが、そうもいかない私の立場😓



だから一度飲みだすと、二日間くらい飲まなきゃいけない状況になりやすいです。

でも、それでも、痛みが無くなるのであれば、安いもんです。



と、いうところで対処法のお薬、ゾーミックの話は一度ストップ。

また明日以降、今度はゾーミックの副作用についてお伝えしてみたいと思います。



良い面もあれば、悪い面もある、それがお薬です。



ではまた、明日以降!(●^o^●)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加