「つつじ、タンポポ、桜、バラ」

スポンサーリンク


大人も子どもも楽しめる創作絵本⑤







ここはとある道路の植え込みの中




気候も良くて花たちも美しく咲いています。




ピンクや赤いつつじの花が、見事に咲き乱れていて通りかかる人達も見惚れてしまってます。




「綺麗に咲いてるわね~」




つつじの花たちも誇らし気です。




そんなつつじを見て、足元で咲いているタンポポはちょっと面白くない様子。




「私たちは空を飛んでここまできたのよ」




タンポポは自慢します。




「遠くの公園からここまで、風に乗って飛んできたの。空の旅は素敵だったわーーー!」




つつじに聞こえるように大きな声で主張します。




むっとしたつつじ。




気が付いたら自分はずっとここで育って、もちろん移動もできない。ちょっとうらやましいなと思いました。




すると上からまた声が




「私も遠くから旅してきたわけではないけど、こんなに高いところから周りを見渡せるのよ。中々楽しいわよ」




そんな自慢をしてきました。




桜の木でした。




確かに大きな桜の木は、きっと遠くまで見えるだろうし、足元にいるつつじやタンポポからは想像ができない世界。




つつじとタンポポは、桜の木がうらやましくなりました。




桜の木はちょっと得意気。




それからしばらくして、バラの花の茂みが運ばれてきて、つつじ、タンポポ、桜の木の植え込みの目の前にある建物に運ばれてきました。




建物の入り口の花壇の中に、バラは植えられました。




「こんにちは、あなたはどこから来たの?」




タンポポが聞きました。




「私はフランスから来たの」




バラが答えます。




「フランス~!?」




みんなびっくり!!




「どんなところなの?フランス?」




「なんでそんな遠いところから?」




「他にも来た花はいるの?」




タンポポ、つつじ、桜の木は畳みかけるように聞きます。




「フランスにしかないみたいなの、私。だから飛行機で運ばれてきたの。この研究所の中にも仲間がいるわよ」




そういえば、この建物は何なのか、花たちはよく分かっていませんでした。




「あなたはここがどこか分かってるの?」




みんながバラに聞きます。




「ここは宇宙ロケット研究所よ。私たちの仲間が今度、宇宙飛行士の方と一緒に宇宙へ行く予定なの。だからフランスから運ばれてきたのよ」




そんなところだったとは、みんなは知りませんでした。




宇宙ロケット研究所の敷地の中と外では、世界が違うんだなぁと、みんなは思いました。そのことをバラに話をすると




「どこも同じじゃなあい?」




あっけらかんと答えました。




「どこにいても、太陽の陽の光があって、水があって、空気があれば、生きていけるんだから」




そうして1年後、バラは宇宙へと同行して旅立っていきました。




実はその時につつじとタンポポと桜の木も、一緒に宇宙へ行ったそうです。




新しい環境でみんな、どんな生活をするのかな?




それが分かるのは、1年後のみんなが戻ってきたときです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加