「おばあちゃん猫 マロン大好き!!」

スポンサーリンク


大人も子どもも楽しめる創作絵本⑧




私は佐藤さんのお宅で飼われている、おばあちゃん猫のマロン




もう12年生きていて人間でいうと相当のおばあちゃん




でも、いつも一緒にいてくれる5歳の女の子、みゆちゃんが私のことが大好きで、離れたがらないの。




朝起きると、みゆちゃんはまず、おばあちゃん猫のマロンを探します。
「マロン、どこ?
マロン、いたーー!!
大好きーー!!」




ご飯を食べる時も一緒に食べます。
「マロン美味しいね」




歯を磨くときも足元に。
「モゴモゴ、マロンは磨かないの?」




絵を描いて遊ぶ時も、膝の上にマロンを乗せて。
「マロン、あったかい」




お食事ごっこの時はマロンのお皿に食べ物をよそうのは、みゆちゃんのお仕事。
「さあ、どうぞ。今日のご飯は炊き込みご飯ですよ」




そうしてお昼ご飯になって、今日のお昼はスパゲッティ。




みゆちゃんがお食事している時は、私は少し休めるの。




午後はママとお散歩。
感染症が広がっていて、しばらく幼稚園もお休み。
だから、毎日ママとお散歩に、みゆちゃんは行っています。
その間も、おばあちゃん猫のマロンはお昼寝タイム。




やれやれ、みゆちゃんは元気がいいからお付き合いするのに体力がいるわねぇ。
私は頑張ってお付き合いするの。
だって今感染症が広がっていて、みゆちゃんはあまりお友達と遊べないし、お出かけもできないから、私が相手をしてあげないと・・・。
うとうと眠りながら、マロンは考えました。




「マロン!ただいま!!」
みゆちゃんが帰ってきて、急いで手を洗って私に抱き着いてきた。そうしてまた、午後の遊ぶ時間。




オヤツを食べる時もマロンを膝にのせて、今日のオヤツはチョコリングドーナツ。
「美味しいね!マロン」




絵本を読むときはマロンに読み聞かせて
「昔、昔あるところに・・・マロン聞いてる?」




アクセサリー作りはマロンに色を選んでもらって
「マロン、何色が好き?」




マロンは静かにみゆちゃんと遊んでます。




みゆちゃんとマロンの様子を遠くから見ているのは、ママ。




洗濯物を畳んだり、食事の支度をしたり。ママも忙しく動いてます。




パパはお家でお仕事です。




夕ご飯の時間。




やっぱり、マロンはみゆちゃんの足元で一緒にご飯を食べて




お風呂はパパと一緒だから、また少し休んで




みゆちゃんの足元で歯磨きするのを待っていて
お布団に入っている間もずっと一緒。
今日お散歩に行って見つけたことや出会ったものなどを、みゆちゃんはマロンに一生懸命話をしてます。




そうしている間に、みゆちゃんはうとうと・・・・。




すっかり夢の中。




優しいマロンはみゆちゃんがちゃんと寝てくれるまで、そばにいてくれました。




そっとお布団から抜け出して、自分のいつもの寝床へ行きます。




さあて、これから朝まで休ませてもらいましょう。
また明日、みゆちゃんと朝から遊ばなきゃいけないから。




実は毎日、みゆちゃんと遊んで、マロンはへとへと。




でも、私、頑張るの!!




みゆちゃんのために




そして・・・・・。




「マロン、今日もありがとう。」




ママさんのためにね。




こちらこそ、ママさん、いつもありがとう!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加