お袋、お母さん、ママ、男の子が母親を呼ぶ呼び方は様々、呼び方の移行はどうすればいい?

スポンサーリンク

自分のお母さんを何と呼びますか?

お母さん、お袋、ママ、母ちゃん、などなど・・・。



母親を呼ぶ呼び方は、人それぞれ。



昨日たまたま知り合いと「お袋っていう呼び方には意味があってね・・・」という話題になり、「お袋」という言葉の意味の深さに驚いた私です!



全てのものを包み込む、大事な物を包む、大事な子どもと懐(ふところ)に入れて育てる・・・。



そのような奥の深い意味があることを知り、お母さんを大切にして尊ぶという気持ちを「お袋」という言葉から感じた私ですが、改めて母親の呼び方について考えてみたいなと思い、記事にさせていただきました。



なお、記事は男の子の母親に対する呼び方限定になってしまってますが、女の子が「ママ、パパ」とご両親を呼ぶことに関しては、また後日別な記事で投稿したく思っています。

申し訳ありません。ご了承くださいませ<m(__)m>


「ママ」と呼ばれる私も母親❣
今私には二人の男の子がいます。

二人とも、私のことを「ママ」と呼んでくれますが、子どもが産まれたときに私は「お母さん」と呼んでほしいな、と思ってました。

でも私だけの子どもではなく、夫と二人の子どもでもあるので、夫の希望をくんで「ママ」と呼んでもらうことにしましたが、やっぱり「お母さん」という優しい響きが、私は好きです。



「お母さん」意外にも「ママ」や「母ちゃん」「お袋」と色々ありますが、最終的に大人になってから何と呼ぶか、というところを目標にして、呼び方を教えてあげる方がその子の将来にとっていいのかなぁ、と思います。



「マイナビ学生の窓口」https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/33354



のアンケート(男子大学生対象)がとても興味深いです。



■家で母親のことをなんて呼んでいるか教えてください。
1位 お母さん      25.0%
2位 母さん       18.1%
3位 母ちゃん      7.4%
4位 何とも呼ばない   6.9%
5位 おかん       6.4%
5位 ママ        6.4%
7位 ばばあ/ばあちゃん 1.5%
7位 おふくろ      1.5%
7位 名前で呼ぶ     1.5%
10位 おっかあ      1.0%




とのことでした。

特に5位の「ママ」と呼ぶを選んだ人の話では「お母さん呼びに移行するのに失敗したから」というものもあり、きっと男の子は大きくなるに従って「ママ」と呼ぶのが気恥ずかしいと思うようになるのだと思います。



それが、「ママ→お母さん(もしくはそれに似た呼び方)」に自然と移れればいいのですが、失敗するとずっと同じ呼び方・・・。



さすがに彼女の前では「ママ」は使えないよね😅




呼び方移行のタイミング
では、どうやって移行していけばいいのでしょうか?



これもまた、子どもの個性や家庭の事情など、様々な考え方がるようです。



呼び方を変えるきっかけは、おおよそ次のように分かれると思います。


  1. 自分だけが「ママ」「パパ」と呼んでいることに気が付いて、恥ずかしくなって呼び方を変える
  2. 友達が呼んでいる呼び方や、アニメなどの呼び方に憧れて真似して変える
  3. 親や周りの友達が何も言ってないのに、本人が自発的にいつの間にか変えてきた
  4. 友達にからかわれた


というところでしょうか。

周りからの影響がとても大きいとこが分かります。



それはお父さん、お母さんの影響よりも、自分の周りにいる友達や先生、親意外の人からの影響が大きくなっているということです。

これって、成長の過程の一つということになるのかなぁと思います。



そして、何とか呼び方を変えようと思って、子どもなりに頑張ってみるんですよね~。
子どもが呼び方を変えてきたら・・・
それはある日突然、訪れると思います。



私には一つ違いの兄がいるのですが、やはりある日突然、父の呼び方を変えてきました。



「パパ」から「親父(おやじ)」に。



その時私はものすごくビックリしてしまって、やや固まってしまいました。



その日以来、兄はず~っと「親父」です。



そして大人になった今、その呼び方はとてもしっくりきています。



兄がそのように、父の呼び方を変えたとき父は特に驚いた様子も無く、その呼びかけに答えてました。

私には母親がいなかったので、お母さん的にどんな反応になるのかわかりませんが、きっと何となく受け流していたと思います。





兄がそのように、父と母の呼び方を変えてきた理由は、その当時も今も定かではないのですが、子どもが呼び方を変えてきたら、兄の時のようにさり気なく受け止めてあげれば、それでいいのではないかなぁと思いました。
思い切ってお母さんから変えてみよう!!

そして、我が子に話は移ります。



私には二人の男の子がいますが、二人の性格はとてもふざけた性格です。

いつも遊ぶことばかり考えていて、親の手伝いは気が向いた時しかしない、宿題や明日の学校の準備ですら、言われないとやらないから、本当に困ってしまいます。



そんな二人の性格は私の兄とは全く正反対。

ひょっとしたら、呼び方を変えようなんていう発想すら湧かないかもしれないな、と思っています。



うちの子のようにふざけた性格で、クラスの皆の笑いを取ることしか考えていないような、お父さんやお母さんの呼び方が恥ずかしいとか、そんな発想がなさそうな男の子の場合、私は先手必勝かなと思ってます。



そうです。

お母さんから働きかけてしまうのです。



「今日から、ママのこと『母さん』って呼んでみない?」



と、一言誘ってみましょう。



ある程度の年齢になれば、きっと将来呼び方で悩んでしまう時がくるから、今から呼び方を変えておいた方が良いよ、と説明しても理解してくれると思います。



そして、最初のうちは子どもが自分だけ「母さん」と呼びかけるのは恥ずかしいと思うので、母親も自分のことを「母さん」と呼ぶのが良いと思います。



「母さんに連絡してくれる?」「母さんのバッグ取って~」「母さんのお手伝いして」etc・・・。



そうして、慣れてきたら晴れて「ママ」卒業です。

「母さん」の一人称も、本人が慣れてきているようだったら、終了してもいいと思います。



この移行方法は、反抗期前にトライした方がいいですね。



反抗期になってしまうと、母親の話すら聞いてくれない可能性があるので、そろそろ『明らかに反抗期になる!』と思う直前、中学校入学前の小学校高学年の頃が一番いいと思います。

そのくらいの年齢なら、ふざけた感じで「ママのこと『母さん』って呼んでよ~❣」と言っても、受け入れてくれるかと・・・。



また、下に弟がいる場合、お兄ちゃんにお母さんが「母さんって呼んで❣」と迫っているのを見てきっとお兄ちゃんの真似をしてくれるので、下の子は苦労知らずになります。

お兄ちゃんに迫ったみたいに下の子に言えば、それが自然なこととしてすんなり受け入れてくれるでしょう💛
呼び方を変えるタイミングは成長のタイミング
昨日まで「ママ」と呼ばれていたのに、今日から「母さん」と呼ばれるのはとても寂しい気持ちになるかと思います。



そう考えると、いつまでも「ママ」と呼んでもらいたい気持ちにもなってしまいそうになりますが、そこは自分も子離れする時期に来ていると理解して、受け止めていきましょう。



それに、もっと先にはお孫ちゃんが生まれた後の「お祖母ちゃん」と呼ばれる時が来るんですからね~💦



母親もその時の心の準備が、「母さん」と呼ばれることでできるのではないのかと思います。



子どもたちと一緒に、人生の階段を上がって成長していきたいですね(^ω^)

私も自分が成長できるように、子供の成長を受け入れていきたいと思います!!

おススメの本です→「思春期男子」の見守り方 (PHP文庫)[本/雑誌] / おおたとしまさ/著

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加